MENU

車査定時の査定士のチェックポイント

車査定,チェックポイント

車査定時のチェックポイントは下記となります。
直前で対応できることは少ないですが、把握しておけばわずかでも査定額アップにつながります。

 

外装(エクステリア)

車査定,チェックポイント

 

まずは外装、外側の状態です。
当然ながらキズ、ヘコミ、破損などがあると査定がさがります。
具体的にはランプ切れ、アンテナの折れ、塗装のハゲや擦り傷など。
細かなキズもチェックされますし、コツンとあててしまって凹んでいる箇所があればそれも査定に響きます。
しかしながら、査定前に慌てて直しても修繕費用分が査定金額に上乗せされることはありません。
普段から大切に乗ることを心がけましょう。

 

ただし、事故車や不動車に値がつかないということではありません。
大きな破損があっても査定がつくことは往々にしてありますので車処分は臆せず一括査定を利用しましょう。

 

鍵穴まわりはキーレスエントリーシステムをつかわずカギを刺すとキズがつきやすいですが、そういった細かいキズもチェックポイントです。
気をつけましょう。

 

またボディカラーは査定金額に大きく影響します。
人気色は高額査定につながります。
こちらも直前で対応できることではありませんが、車の色にこだわりがなければ購入時に人気のボディカラーを選んだほうが売却時に有利です。
一般的には白や黒が人気ですが、車種によって異なるので車購入時にディーラーに相談してみましょう。

 

 

内装(インテリア)

車査定,チェックポイント

 

内装も重要なチェックポイントです。
シート、フロアマットを入念にチェックされます。
傷みが酷く交換や修繕が必要とみなされれば査定は大きくさがります。
こちらも普段の使用時に気をつけるべきところですので、普段から汚く乗らないようにしましょう。
また、臭いがついていると次のオーナーが嫌がるので査定が下がります。
ペットを飼っていて車に乗せることがあるですとか、愛煙家が乗ることがあるですとか、臭いがつく状況にある車はイヤなニオイが車内についていないか確認しましょう。
もし臭いがあるようでしたら消臭スプレーなどを利用して消臭しておきましょう。

 

 

走行距離

走行距離が平均より、少なければ新しい車に近い状態ということですので査定アップのポイントとなります。
一般的な平均走行距離と比較してみられます。
普通車10,000km、軽自動車8,000km程度が平均の年間走行距離といわれていますので、それより多いか少ないかで査定アップか査定ダウンかが判断されます。
走行距離を年式で割ってみるとかんたんに計算できますので目安にしましょう。

 

ただ、自動車を長期間エンジンをかけずに放置しておくとエンジン廻りで劣化する部品があります。
またバッテリーあがりの原因にもなりますので、時々は動かしてあげることも重要です。

 

 

エンジン周り

車査定,チェックポイント

 

エンジンは車が動くための心臓部なので非常に重要なチェックポイントです。
異音がないか、オイル、プラグ、パーツの状態、改造品はないか、修復歴はないか、など細かくチェックされます。
エンジンをオーバーホールしていたり、載せ替えしていたり、と状態がよくなっているなら査定金額がアップする可能性があります。
中古車査定士に申告しておきましょう。
またエンジンルームに車台番号の記載があるはずです。こちらは車固有の番号で非常に重要です。改ざんなどがあれば売却自体できないでしょう。

 

 

書類、付属品の有無

 

 

元からついている書類は捨ててしまったりなくしてしまったりしないようダッシュボードなどに大切に保管しておきましょう。
取扱説明書はもちろん、点検記録簿も定期点検の証拠になりますし、付いている状態で査定にだすべきです。
付属しているはずの書類がなければ査定金額ダウンにつながります。

 

また純正オプションなどいっしょに売ることで査定金額の大幅アップが期待できます。
その取扱説明書も大切に保管しておきましょう。
書類と付属品は考えなしに処分することなくとっておくのが良いのです。

 

 

その他の車買取査定チェックポイント

 

外装
・エアロパーツ

 

・前後左右のガラス
・ドア、ウインドウの動作確認
・ナンバープレート
・ラジオ、テレビ等のアンテナ類
・サンルーフ、ムーンルーフの作動確認
・ヘッドライトやテールランプ、切れ割れ破損等
・ボンネットや天井の状態

 

 

内装
・シートの状態
・喫煙による臭いヤニなどの影響
・カーナビの状態
・ハンドル、メーター類の状態
・オーディオ類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態の良し悪し
・スペアタイヤ状態、付属しているか
・付属装備品

 

足回り・下回り
・タイヤやアルミホイールの状態
・マフラーの状態、腐食などないか
・オイルの漏れ、にじみ
・タイヤハウスの状態
・車高(サスやショックなど)、違法に調整していないか
・修復歴の有無
・各箇所のキズ、ヘコミ、錆など状態

 

エンジン回り ・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・エンジンの状態
・改造パーツがないか
・車台番号の改ざんなどがないか

 

 

その他 ・メーカー、車種
・年式、グレード
・車検証・整備記録簿の内容、有無
・キー(スペアキー)やキーレスエントリーなどの有無
・取扱説明書等の書類が揃っているか
・車検の残期間
・純正部品の有無

 

 

 

査定直前で査定アップのためにできることはそれほど多くありません。
むしろ普段の乗り方、メンテナンス等がたいせつです。

 

重要なのは、

・かんたんな清掃
・消臭
・付属品をそろえておく

 

・普段から大切に乗る

 

となります。

 

 

車査定のチェックポイント、確認したら一括車査定申込みへ。